健康格差に対して、
日本プライマリ・ケア連合学会は
次のように行動します。

  1. 01.あらゆる人びとが健やかな生活を送れるように社会的な要因への働きかけを行い、健康格差の解消に取り組みます。
  2. 02.社会的要因により健康を脅かされている個人、集団、地域を認識し、それぞれのニーズに応える活動を支援します。
  3. 03.社会的要因に配慮できるプライマリ・ケア従事者を養成し、実践を通して互いに学び合う環境を整えます。
  4. 04.健康格差を生じる要因を明らかにし効果的なアプローチを見出す研究を推進します。
  5. 05.あらゆる人びとが、それぞれに必要なケアを得られる権利を擁護するためのアドボカシー活動を進めます。
  6. 06.上記1-5を達成するために、患者・家族および関係者や関係機関(専門職、医療や福祉の専門機関、地域住民、支援ネットワーク、NPO、行政、政策立案者など) とパートナーシップを構築します。

お知らせTOPICS

一覧を見る