「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引き」

 この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、全国での散発発生からクラスター感染、更には各地域での感染拡大へとフェーズが移行しつつある中、住民の不安も更に高まりつつある状況かと思います。会員の皆様の医療機関でも、そうした住民や患者の受診相談に対応しつつ、場合によっては疑わしい症例に遭遇し対応することも増えてくると思いますが、まさに私たちプライマリ・ケア医療機関が本来のゲートキーパーの機能を果たし、感染治療を担う中核医療機関の負担を軽減することが求められるフェーズにあると考えられます。
 そうした状況を鑑み、日本プライマリ・ケア連合学会では、プライマリ・ケアの医療現場における新型コロナウイルス感染症対策を含めた外来診療のあり方について、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引き」を、予防医療・健康増進委員会の感染症プロジェクトチームの監修で作成いたしました。
 本手引きは、診療所や小病院等の医療資源の制限されたセッティングにおいての診療を想定しており、理想的な感染管理と現実との間の妥協点の例を案として示すことを目的としています。
 会員の皆様が所属するプライマリ・ケア医療機関において、ご活用いただければ幸いです。

日本プライマリ・ケア連合学会
理事長 草場 鉄周

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引き」