日本プライマリ・ケア連合学会
日本プライマリ・ケア連合学会

  1. HOME
  2. 後期研修制度:後期研修制度
  3. 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー
  4. 第9回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

後期研修制度

若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

託児所利用について 第9回 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

セミナーが開催される終日とその後行われる指導医養成講座の間、今年も託児所を設置します。

利用業者 (株)ポピンズコーポレーション
スタッフの配置 0・1歳児 1~2名に対しスタッフ1名
2・3歳の乳幼児 こども2~3名に対しスタッフ1名
4歳以上、学童まで こども3~4名に対しスタッフ1名
設置部屋 利用者へのみ公表
用意する備品 お昼寝用布団、プレイマット、おもちゃ、ポット、調乳用の水
利用者負担 2日間:2000円、1日のみ:1000円

2012年度 利用実績 第9回 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー

利用業者 (株)ポピンズコーポレーション
設置部屋 利用者へのみ公表
用意した備品 お昼寝用布団、プレイマット、おもちゃ、ポット、調乳用の水
利用者負担 2日間の利用で3000円、1日のみ利用で2000円
利用者 保護者11名 子ども13名 2日間でのべ24名

2011年度の事後アンケートで今後あってほしいものとして、ゆっくり授乳できるスペース、電子レンジ、ごみ箱があげられていました。東京大学という会場はご好意で毎年お借りできている場所で、ごみは基本的にすべての人に持ち帰りをお願いしています。ですので、申し訳ありませんがおむつ等のごみはお持ち帰りください。電子レンジはレンタル費用が高額であることから、検討課題とさせていただいております。授乳スペースについては今年度もついたての用意を予定しております。 また、今年度より利用料金を学術大会などと同じ料金に引き下げました。

第9回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー 託児所担当 玉井 友里子