日本プライマリ・ケア連合学会
日本プライマリ・ケア連合学会

  1. HOME
  2. 認定制度:認定制度
  3. プライマリ・ケア認定薬剤師制度:2018年度の更新申請について

認定制度

プライマリ・ケア認定薬剤師制度:2018年度の更新申請について

2018年度の更新申請について

6. 申請書類を提出
※申請書類に不備があるとき、料金不足郵便の時などは、申請者連絡先宛に返送します
▼ 申請書類審査
7. 審査料 ¥15,000(非学会員)、\10,000(本学会員)を振込
※事務局での入金確認をもって申請の確定となります
▼ 更新審査、理事会承認
8.認定証の発行
プライマリ・ケア認定薬剤師認定証の送付
認定薬剤師はホームページで氏名と都道府県を公表

(・書類提出先 ・問合せ先 ・その他 ・更新保留について ・書式一覧

1. 更新申請条件 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

2015年9月1日付認定のプライマリ・ケア認定薬剤師が更新申請の該当になります。

日本国薬剤師資格を有することを確認してください。
注)日本の薬剤師に対する認定です。(但し研修受講者は薬剤師とは限りません)

2. 申請受付期間 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

平成30年7月1日(日)から7月31日(火)迄(消印有効)。
※郵送(簡易書留)にて受付いたします。
7月1日(日)以前(期間外)は受付致しかねます。消印が残らない別納郵便等、事務局への申請書類持参等は受付いたしません。
受付締切日を過ぎた消印のある申請書は受け付けずに返送します。

3. 必要単位数 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

  • 認定の更新に必要な研修単位は30単位以上です。(学会関連の単位が20単位以上必要です。また、30単位のうち細則にある必須領域で10単位が必要です。e-ラーニングは本学会のものと指定講座のものの合計で15単位まで認められます。)
  • 更新申請の研修期間は3年間で、認定期間満了前に更新申請をして下さい。更新の認定には事例報告が必要です。

4. 単位取得について -プライマリ・ケア認定薬剤師-

プライマリ・ケア認定薬剤師研修や指定講座などを受講し、単位を修得します。
取得した単位は「研修認定単位台帳」(WORDwordファイル)に貼りつけて下さい。
※詳しくは「研修認定単位台帳記入ガイド」(PDFPDFファイル)をご覧下さい。

更新のための研修の場として以下の5つの場を設定しています。

  • 本会が主催する認定薬剤師研修講座 こちら
  • 本会の学術学会での指定された講演、シンポジウム、ワークショップなど
  • 本会が主催する医療研修セミナー こちら、e-ラーニングなど こちら ※e-ラーニング受講には日本プライマリ・ケア連合学会の会員番号が必要です。
  • 本会の地方会、支部会、関連研究会などの講演・研修で、本会が指定したもの 地方会情報単位取得可能な研修会等
  • 薬剤師認定制度認証機構の認証を受けた生涯研修認定制度、特定領域認定制度、および専門薬剤師認定制度の研修のうち、本会が指定した講演、講義、シンポジウム、ワークショップ、e-ラーニングなど こちら

5. 研修会指定講座 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

決定次第、こちらでご案内いたします。
これまでの研修会はこちらをご覧ください。

6. 申請書類 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

 プライマリ・ケア認定薬剤師要綱および細則に従い、平成30年度プライマリ・ケア認定薬剤師(以下認定薬剤師)の更新認定申請を受け付けます。
 認定薬剤師の更新を希望される方は、下記を参照・確認の上、申請書類(下記1から6)を提出、審査料を納入し、認定試験、審査を受けてください。

1. 認定更新審査申請書WORD(様式 認定薬更新-1) 下記へ郵送してください ※郵送でのみ受付ます
〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A
有限会社あゆみコーポレーション内
日本プライマリ・ケア連合学会 担当係
「プライマリ・ケア認定薬剤師制度更新申請」係
2. 研修認定単位台帳WORD(様式 認定薬-2)
3. 更新必須領域受講報告書WORD(様式 認定薬更新-3)
4. 更新事例報告書書式(活動報告を含む)WORD
(様式 認定薬更新-4)
5. 薬剤師免許証コピー
(裏面記載のある時は裏面も)
6. 認定更新申請チェックリストWORD(様式 認定薬更新-5)

● 認定更新申請に必要な書類と注意(認定更新審査申請書の作成)について

1. プライマリ・ケア認定薬剤師 認定更新審査申請書WORD(様式 認定薬更新-1)

  申請書を記入し、申請者署名、押印をしてください。
学会員は会員番号を記入してください(記入がない場合は一般の審査料となります)。
連絡先に学会からの連絡を郵送します。

2. プライマリ・ケア認定薬剤師 研修認定単位台帳WORD(様式 認定薬-2)

  研修認定台帳、有効な認定単位を申請に必要な単位数貼付し、必要事項を記入してください。
これまでの台帳用紙全Ver.が有効、識別のため台帳用紙右上に氏名を記入してください。
学会ホームページの研修認定台帳記入・貼付のガイドPDFを参照して、クリアポケットファイル(A4サイズ、20ポケット以上)に整理して入れ、認定申請時にはそのクリアポケットファイルごと一括して提出、台帳用紙はどのバージョンも有効ですができるだけ新しいバージョンをご使用ください。
大切な生涯研修の記録ですから、審査終了後に返却予定です。

3. 更新必須領域受講報告書WORD(様式 認定薬更新-3)

  今回の認定審査で申請する必須領域受講(細則第1章、第1条2による)の報告書です。
研修認定単位台帳で申請したもののうち、細則に定める必須領域D,E,F,G,I各2単位の受講年月日、研修タイトルを記入してください(研修認定単位台帳に貼付の認定単位と内容が一致すること、台帳に認定単位貼付のないものは認められません)。

4. 更新事例報告書書式(活動報告を含む)WORD(様式 認定薬更新-4)

  更新時事例報告に関する説明 2015年2版を参照し、細則第3章、第9条2により、5つの事例について事例報告を作成してください。

5. 薬剤師免許証コピー(裏面記載のある時は裏面も)

  申請者自身の薬剤師免許証をコピー(裏面記載のある時は裏面も)してご提出ください。(縮刷のときはA4版を推奨)

6. 認定更新申請チェックリストWORD(様式 認定薬更新-5)

  確認した項目に○を記入してください。申請時には全ての項目に○が付されていることを確認し、記名、押印してください。

7. 審査料振込 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

●認定更新審査料の納入、更新申請の確定について

  申請書が到着すると、事務局で申請書類種類を確認した後に、認定審査料納入の郵便振替用紙を送付します。
その後、学会事務局で郵便振替による入金が確認できた時点で、申請受付が確定します。
平成30年8月10日(金)までに認定審査料を納入してください。
一般・学会員の区別は平成30年6月30日時点の学会事務局学会員名簿によります。

(細則第2章、第3条2による)
審査料 ¥15,000(非会員)を振込
審査料 ¥10,000(本会員)を振込

8. 認定証の発行 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

更新審査合格後、理事会の承認を得て認定証が発行されます。プライマリ・ケア認定薬剤師認定証の送付認定薬剤師はホームページで氏名と都道府県を公表いたします。

書類提出先 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

日本プライマリ・ケア連合学会 担当係
「プライマリ・ケア認定薬剤師制度申請」係
〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-4-8 日栄ビル703A
有限会社あゆみコーポレーション内
TEL. 06-6449-7760 / FAX:06-6441-2055

問合せ先 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

平成30年度(2018年度)プライマリ・ケア認定薬剤師 更新についてのお問い合わせは
E-Mail : 宛にメールでお寄せ下さい(確認のため氏名、都道府県名、所属をメール本文に記載してください)。尚、電話での質問はお受けいたしかねます。

その他 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

詳細はプライマリ・ケア認定薬剤師要綱(PDFPDFファイル)、プライマリ・ケア認定薬剤師要綱 細則(PDFPDFファイル)をご覧ください。認定薬剤師研修会、指定講座などは決定次第ホームページに公表いたします。

更新を保留する場合 -プライマリ・ケア認定薬剤師-

認定薬剤師の認定の更新を期日までにできない特段の事情がある場合は、保留を申請することができます。
該当する更新申請受付期間内に更新保留申請書(WORDwordファイル)に記入し、学会事務局担当係までご郵送ください。

書式一覧 -プライマリ・ケア認定薬剤師-