1. HOME
  2. 学会について(会員の方へ):本学会について

本学会について

学会の概要

 2010年4月1日社団法人日本プライマリ・ケア連合学会がスタートした。「連合」という単語が含まれているのは3つの学会が合併したからである。

 旧日本プライマリ・ケア学会は1978年に設立された。実地医家のための会が母体となり、「従来の医学が大学中心の医学であって必ずしも第一線の医療に役立っていないこと、社会に役立つ有用性のある学問が必要なこと、そして第一線の医療に携わっている医師たちが自分たちのデータを持ち寄って発表し合う学会が必要であること」を謳った。「医療のための学会」「病人と人間の安全のための学会」を強調した。どのような専門領域を持つ医師でも入会し、かつ医師ばかりでなく、歯科医師、薬剤師、看護職、介護職なども正式の会員となることができた。開業医が多く参画し、ここ数年は高齢者に対する多職種協働地域ケアを活動のテーマにしてきた。
旧NPO法人日本家庭医療学会は1986年に家庭医療学研究会として発足した。「病んだ一人の人間を、その人の家庭を、そしてその背後にある地域を1個のまとまりあるものとして取り扱う、つまり人間と家庭と地域を統一体としてとらえる家庭医療を求めて、家庭医を養成し、より活発な研究組織を作ることをめざす」とした。臓器別専門医を縦型専門医とすると家庭医は水平型専門医をあらわしている。米国の家庭医療教師協会を範とし、若手家庭医の育成に重点を置いてきた。
旧日本総合診療医学会は1993年に研究会として設立された。大学病院や臨床研修指定病院の総合診療部に属する医師が参加した。設立の目的は、「全国の総合診療部(科)を組織化して、総合診療とその研究分野および研究の方法論を確立させること」にあった。
合併の目的は、国民や医療界に「総合医・家庭医の役割」の重要性を認識してもらうことである。国民にはかかりつけとして家庭医を持ち病院依存体質を是正するように啓発し、医療界ではプライマリ・ケア部分も医学研究の重要な対象であり、医学教育においてはその中心であることを強調していきたい。

 2011年3月15日日本医学会加盟が認められた。

 現在の会員数は医師10,227名、歯科医師65名、薬剤師627名、コ・メディカル336名、学生146名、計11,401名である。
 (2014年5月末日現在)

設立趣旨

 本学会は、人々が健康な生活を営むことができるように、地域住民とのつながりを大切にした、継続的で包括的な保健・医療・福祉の実践及び学術活動を行うことを目的とする。

理事長挨拶

平成24年6月9日
丸山 泉

 前沢政次先生の後を継ぎ、平成24年6月9日より理事長を務めることになりました。学会の運営には、普遍的なものと、変えていくべきものがあります。普遍的なものについては、初代理事長である前沢先生の文章をこのページに残すことで、ご理解いただくようお願い申し上げます。
 変わるべき問題は一つです。他は各論にしか過ぎません。2010年4月1日に合併して満2年が経過した今、新しい学会として、真に生まれ変わらなければならないということです。「プライマリ・ケア」という言葉のもとに、私たちが参集したのは、何のためだったのでしょうか。賢明な会員には十分お分かりのことだと思います。これからの2年間の私と、私と共に汗をかく理事会の使命は、一体感の醸成です。そして、一体感を持ちつつ、さらにプライマリ・ケアの持つ重要性を反芻し、共有化し、そのための研鑽を十分に支援することのできる学会を作ることです。
 このページをご覧になる、会員でない方々にご説明いたします。
 私共がプライマリ・ケアを大切な言葉としているのは、これからの日本の医療にとって、プライマリ・ケアの現場のあり方こそが、もっとも重要な課題であると考えているからです。在宅医療を考えるだけでも、ご承知のように、いくつもの解決すべき問題があります。これからの十年を考えても、数十万規模で増加すると考えられている在宅での看取りが、可能な限り幸せな形であることを願っています。子供からお年寄りまでが最適の医療を受けられるように願っています。ご本人に限らず、ご家族や、そしてお住まいになっているコミュニティの幸せのための力になれればと願っています。診療所であろうと、病院であろうと、介護施設であろうと、薬局に勤めていても、それぞれが、そのために日々の修練を続けています。医師が大半ではありますが、プライマリ・ケアの医療や介護を取り巻く全ての職種に、会員としての門戸を広げているのはそのためなのです。そして、お互いがリスペクトし合いながら仕事を全うし、皆様の幸せこそが自分の幸せである、そのような会員を育む場が私共の学会でなければならないと考えています。これからこのホームページ上で私共の考えを皆様にご説明しながら、また、皆様のご意見も伺いながら、社会にしっかりと目を据えた、質の高い学会に共に育てていただきますよう、お願い申し上げます。